川端康成(1899-1972)は、『伊豆の踊子』(1926年)、『雪国』(1935-47年)、『山の音』(1949-54年)、『眠れる美女』(1960-61年)などで知られる、日本を代表する作家です。彼は美術にも大変造詣が深く、美術コレクターでもあり、そのコレクションは、油彩画、日本画、工芸などさまざまな分野に...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。