遠い昔、タイのチャオプラヤー川流域を中心に、ドヴァーラヴァティーという国が栄えていました。中国の史書には、7世紀の初めにこの国の使者が唐の都まで朝貢にやってきていたことが記されています。ドヴァーラヴァティーの人々は仏教を篤く信仰し、数多くの仏像、仏塔、そして法輪を造立しました。法輪は車輪が ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。