高山彦九郎は、寛政の三奇人の一人といわれており、吉田松陰をはじめ、幕末の志士達に大きな影響を与えた、尊王運動の先駆者です。生前は3度久留米を訪れ、寛政5年(1793年)、市内櫛原町の友人宅で「朽ちはてて身は土となり墓なくも心は国を守らんものを」の辞世の句を残して自刃。森嘉膳らの手で ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。