アーティストユニットKOSUGE1-16が、九州芸文館そばを流れる矢部川をテーマにしたアート空間を作り出します。たびたび氾濫する暴れ川として人々を悩ませてきた矢部川。江戸時代の偉人・田尻惣馬(たじりそうま)は、矢部川の流れを調べるために「たらい(半切り)」に乗って嵐のなか激流を ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。