「筑後川花火大会」は、慶安3年(1650年)、久留米藩2代藩主有馬忠頼公が水天宮に社殿社地を寄進し、その落成にあたって発揚したのが始まりです。その後水天宮奉納花火大会として続き、昭和40年に筑後川花火大会と名前が変わりました。現在では、約18,000発の花火が同時に2箇所から打ち上げられる、西日本最大級の花火 ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。