安徳天皇入水の折、源平両軍の兵士たちが船べりをたたいて死を悲しんだという故事に由来する「水天宮船太鼓」 を、地域の子供達が奉奏した後、船太鼓山車を引いて3町内(大石町・瀬下町・京町)を練り歩きます。 また、17時からは大前にて神饌が供され、祝詞が奏上されます。 ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。