昭和12年、久留米市の明治通りの屋台が九州で初めて、「支那そば」と呼ばれたラーメンを売り出しました。80年が経過した今、久留米で生まれたとんこつラーメンが、世界のラーメンの主流となりました。誕生祭は、その生誕80年を発祥の地でお祝いしようという催しです。10月14日、15日の2日間、六角堂 ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。