柳坂曽根のハゼは、久留米藩が寛保2年(1742)に灯明用の蝋の原料として植樹したもので、「伊吉ハゼ」を含め約200本が植えられています。老木のハゼは高さ5〜6メートル、幹周り2メートル程あるものもあり、約1.1q続く並木道は、県の天然記念物に指定され、新・日本街路樹100景にも選ばれています。 ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。