本展では、東郷青児(1897-1978)の生誕120年を機に、初期から1950年代までの作品を中心に、東郷自身の美術観に焦点を当て、一般に知られた戦後の様式に至るまでの過程をたどる。今回の展覧会では、これまで注目されることの少なかった1930年代の作品・資料を相当数集めることが出来たため、日本 ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。