江戸時代に久留米藩の御用絵師を努めた三谷家による絵画資料から、花鳥画を中心にご紹介します。 花鳥画は、草花や鳥などを組み合わせて描いた絵画で、屏風絵や襖絵、掛幅などの形で親しまれてきました。華やかな花鳥画の屏風や掛幅のほか、約5,500点にも上る粉本(模写や下絵、写生 ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。