江戸時代に数多くの禅画と墨蹟ぼくせきを遺のこし、いまもなお多くの人々を魅了し続ける二人の禅僧、駿河(静岡)の白隠さん〔白隠慧鶴はくいんえかく(1686〜1768)〕と博多(福岡)の仙pせんがいさん〔僊p義梵せんがいぎぼん(1750〜1837)〕。二人は活躍した時代と場所は異 ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。