火渡りの行は仁和3年(887年)京都の金峯山で、毒蛇を追い払うために理源大師が樹葉をいぶしたのが始まりと伝えられる「柴燈護摩」に起源を発すると言われています。毎年1月17日、如意輪寺境内では、新年の息災を願う「初観音・柴燈護摩供火渡り」が行われています。境内広場の中央 ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。