生誕220年 広重展 ―雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく― 江戸後期の浮世絵師・歌川広重(1797-1858)は「東海道五拾三次」シリーズや江戸名所絵などの風景版画で人々に親しまれています。本展では、広重生誕220年にあたり、代表作「東海道五拾三次」シリーズほか、江戸 ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。