久留米市美術館では、大正期の美術界にユニークな位置を占めた美術団体「草土社(そうどしゃ)」で深い交流のあった二人の画家、岸田劉生(きしだりゅうせい)(1891〜1929)と椿貞雄(つばきさだお)(1896〜1957)の展覧会を開催。岸田劉生は1912年、後期印象派に共感した仲間たちとともにヒユウザン会を興した。 ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。