自然、あるいは風景は芸術の歴史にとって、その豊かさの主要な根本でありました。眼に見える世界の中でも、とりわけ絵になるものを私たちは「風景」と名付け、絵に描き、言葉で讃え、写真に撮り、移ろいゆくものを形として留めようとしてきた歴史があります。風景は ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。