久留米市美術館では、6月20日から9月8日まで、「ラファエル前派の軌跡ーターナー、ラスキンからロセッティ、バーン=ジョーンズ、モリスまで」が開催されます。「自然に忠実に」と唱えた美術評論家ジョン・ラスキンの信念のもと、19世紀イギリスに花開いた新しい芸術。ロセッティやミレイら ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。