湖畔の別荘を舞台に「嫉妬」が引き起こす ひと夏のある出来事を描く 岩松了の最新作。にじんでいた景色が涙がひとつぶ落ちた時みたいにはっきり見えてきたのでした。そして知ったのです。嫉妬ではない、私は強く愛していただけなのだと。あれは、二度目の夏でした・・・。 ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。