江戸時代に久留米藩21万石を治めた大名有馬家は、藩祖・則頼が武勇や茶人の才により豊臣秀吉の相伴衆を務め、初代藩主・豊氏が利休七哲に数えられ、9代藩主・頼徳が茶陶の窯を興すなど、風流人としての一面もありました。 ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。