田主丸地域で3年ごとに行われる伝統行事。「虫追い」とは、本来、稲の害虫を鉦や太鼓を打ち鳴らし、夜は松明をつけ追い払うのが目的でした。しかし江戸時代、虫追いをした地方は、害虫のせいで米の出来が悪かろうと、年貢が割り引かれた ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。