形あるものは全て、永遠にその姿を保つことはできません。木や漆、絹などの脆弱な素材で造られたものが多い文化財は、ときどきに施された修理によって今日まで伝えられてきました。声なき文化財を守るのは定期的な修理と継続的な保存管理であり ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。