およそ1800年前、後漢ごかん王朝の混迷に端を発した三国志の時代は、幾多の武将の栄枯盛衰とともに記録され、のちには歴史性を帯びた伝説となって普及した。伝説は人々の親しむところとなってそこから詩文や絵画が生まれ、また関羽のように ...

拍手
詳細は こちらからどうぞ。